現場の職団員が入力した情報をアプリ内の地図に表示します。被害状況を可視化する事で初動対応力を向上させ、現場からの動画像配信は位置情報を地図画面上にマッピングします。これらの情報は消防本部から災害対策本部など関係各所へ送信が可能です。